2011年07月27日

くもり時々暴雨

いつの間に・・・まあ気を取り直して

先日、やっと行くことが出来た東京ブックフェア。
4,5年前から行く機会をうかがっていたが、ずっと都合がつかず断念していた。それだけに自分としてはかなり楽しみに、そして色々期待してた所があったのだが・・・まあそんなに都合良く行くわけないかっていう感じで少々残念。
ただ、今回はそれ以外に東京の本屋巡りと、本屋以外の空間にプロデュースされた書棚巡りという目的があり、こっちはかなり刺激的で面白かった。やはり本屋をしてる以上、棚づくりは一番の楽しみであり苦しみでもあるが故、自分以外の人がどういったテーマで、繋がりで、作り上げてるか興味深く、そして推測しながら見てまわった。しかしまあ本当に行く店、見る棚すべてが良く見え(実際いいのだが)、それに比べて、どーしても比べて、少し自己嫌悪に陥ってしまう。
うーん、アルトスもっとがんばれよ。締めくくりはそんな感じの東京出張になった。

P1060034.JPG
「桂離宮」六耀社 ¥15,750

石元泰博が1954年出版した「桂離宮」に1981年撮影分を加え最新の印刷技術でプリント、再編集した復刻「桂離宮」。全編モノクロームで、緊張感が漂うなかその一枚、一枚から日本の美の精神が伝わってくるよう。ある意味、実際の桂離宮より桂離宮が味わえることができる一冊かも。
限定1000部 日英併記
posted by artos Book Store 店長 at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

朝早く娘と海へ行ったら波が高くて引き返してしまった晴天だけど強い風の日

もう何回握手したかなぁ、おおはたさんと。目が合うとスッと手が出てギュッと握って一言交わす。もうそれの繰り返し。それだけ良いライブだったし、良い2日間だった。軽く口笛吹いて演奏を始めたおおはたさん。それだけでやられたって感じだったけど、自分としては、打ち上げで出て来た料理を地酒と一緒に本当に旨そうに口にするその様子を見た時、おおはたさんいいなぁと更に強く感じてしまった。
翌日の別れの時、やっぱり握手をしながら一言交わす「また、来て下さい」は勿論「また、飲みましょう」の意味、ヘヘッ!
posted by artos Book Store 店長 at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

とてもよい天気

連休明け娘が学校から帰ると開口一番「選ばれたよ」と嬉しそう。この時期になると気になる小体連の選手発表。学校代表で出場するわけだから本人もかなり誇らしげな表情。昨年に引き続きなので親としては驚きよりちょっと変な期待をしてしまっているところがあり・・・
イカン、イカンと今は自重気味。それでも風邪ひくなー、怪我するなー、タイムはどうだー、とかなり干渉してる。まあ最終学年でもあるし悔いなく、楽しければ・・・んーっだけどやっぱり連覇して欲しいなぁ。

禅語.jpg
「禅語」ピエ・ブックス ¥1995 

茶道も禅も知らない著者だから書けた仏道の言葉の意味。手探りをしながらジワリジワリと辿りついた言葉だから、こちらにもスーっと染み入ってくる。一句ごとに付いている写真にもハッとさせられてとても新鮮な一冊。
posted by artos Book Store 店長 at 20:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

朝から快晴

日曜日にしては珍しく早起き。ちゃっちゃと朝食を摂り近所のお寺へ家族で墓参り。今日からアルトスが6年目に突入するので亡き父にまずは報告、後はいつものようにゴニョゴニョと・・・お願いやらなんやらと手を合わせる。父の代から創めた本屋だが今の自分の仕事をどう見てくれるのだろうかと来るたびに考えてしまう。まずはこうして無事に?丸5年続けられたことを喜びたいがちょっとしんみりする。
その後、奥さんは今日がイースターとのことで教会へ。自分と娘は図書館へ行ったり城山で桜を見たりしてるうちに店の開店時間が迫り慌てて店へ。そんな感じでまた一日が、一年が始まる。

タワー.jpg
「タワー」INAX出版 ¥1575

国内で最も高い建造物が東京タワーからスカイツリーへ、と言われてもちょっと困る。心情的にそう簡単に納得できるものではない。それだけ東京タワーは威厳があり憧れでもある・・・という気がする。もしかしたら大阪の人は少し違って、やっぱりいつになっても通天閣なのかもしれない。その東京タワーと通天閣の設計者内藤多仲のタワー作品集。愛すべきタワーの誕生秘話を知りたい方に。


posted by artos Book Store 店長 at 18:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

晴れの黄砂

今日は朝から牛一頭セール(要は牛肉半額セールということ)に走る。と言っても配達先のスーパーの売り出しなのでいつものように棚の整理、検品、納品といつもの流れの後に肉売場へ。間もなく奥さんも合流して一緒に品定め。ここのスーパーは肉を枝買いし店で捌くらしく肉質は勿論、色々な部位があり見ているだけでも楽しい。ただ、この日はいつものスポンサー(じじ)が買出し欠席だっため少し迫力に欠ける買い物風景となり残念。
とは言っても、当然今晩の献立は牛、ウシ、うしの牛肉三昧をしっかりとイメージしていて、ちょっと濃い目のワインあったかなとか、昨日買った純米酒もいいかもとか相変らずいらぬ心配を悶々としていたところ先程一通のメールが。「猪肉を貰ったから今日は牡丹鍋です」と。おかげで牛たちは全て冷凍庫行きとなりましたとさジャンジャン!

東京外国人.jpg
「東京外国人」 雷鳥社 ¥2940

もう東京で外国人を見かけるのは日常の風景に刷り込まれているような気がする。様々な目的を持って来日した彼らが日本でどんな暮らしを営んでいるか、実際に生活している部屋をのぞくことで見えてくる東京を写真と文章で紹介。
posted by artos Book Store 店長 at 21:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

雨からみぞれへ

もう2度と受けまいと思っていた。お断りしようと思っていた。本当にかなり固く思っていた。後で自己嫌悪で沈んでいくのは、自分なのだから。それなのに奥さんの「まあ、仕方ないんじゃない」、の一言で覆ってしまいお受けすることに。はい、テレビ取材です。決して取材が嫌という訳ではなく、逆に世間にもっとアルトスを知って貰う為には大歓迎なくらいで。只、自分自身が大根で・・・やはり今回も薄目をしてオンエアーを見ることになりそうです。

ぐずるオヤジを、温かく見守ってくれたスタッフの方々に感謝!

作家の・・・.jpg
「作家の酒」「作家の食卓」「作家のおやつ」 平凡社 ¥1680

夕暮れ時になると気になる今日の献立。それは我家だけのじゃない。隣の家だって、そのまた隣の家だって気になってくる。気持ちは、「突撃、隣の晩ご飯」状態だ。それが作家の方々のを色々覗き見出来るなんて・・・愉快、愉快。
posted by artos Book Store 店長 at 20:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

つめたい晴れ

久しぶりの店内ライブから3日、余韻に浸る暇もなく早々と現実に引き戻される感じて゛日々の業務に追われている。それでもたまに、キャメルの「喜びは食卓にー」が頭のなかで流れてくると1人ニヤリとしている。
そのタイトルにもある「食卓」、ボーカルの斉藤くん同様、自分もその言葉の響きが好きでアルトスの本を選ぶ時少し意識してるキーワード。

昔見た「家族ゲーム」の食卓の風景も強烈な印象が残っている。

今度キャメルと一緒に我家の食卓を囲めることができたらと・・・それも勝手に期待しているところ。

太陽系.jpg
「1000億分の1の太陽系+400万分の高速」 星雲社 ¥3360

細かいことは、あまりわからない。ただ切ないぐらい宇宙(太陽系)を感じられることは確か。無機質に続く一本の線がそれを表していてるよう・・・。1人で、静かに、黙々とページをめくる。そんな感じ。
posted by artos Book Store 店長 at 21:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

くもりで寒い

年末からずっと気になっていた髪を切る。それもバッサリ。頭だけ夏がやって来た感じなのだが、ただ鬱陶しかった分思い切り過ぎて外に出ると寒くて頭が痛い。何故か孫悟空を思い出す。まあ新年だし(20日以上過ぎてるが・・)心機一転にしたい気持ちもあってという事。

えーっ、昨年から色々な方から日記へのプレッシャーをかけられて(主に奥さんからですが・・)天邪鬼的に書いてませんでしたが、もう少し大人になろうということで反省。またお付き合い下さい。

画像 544.jpg
「建築写真文庫」彰国社刊 ¥5250

昭和28年〜45年、多分日本が一番変わろうとしていた時期に建築家 北尾春道が撮影、記録した建築写真を写真文庫として145巻まで発刊。その中から、商業施設だけを都築響一がチョイスしてまとめたのがこの1冊。当然建築の資料としても、デザインの資料としても十分貴重だが、ノスタルジックな気持ちに浸らせてくれる意味でも貴重でそして楽しめる1冊。
posted by artos Book Store 店長 at 21:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

昨日の夜から降り続ける雨のせいなのか店内はいたって静か・・・。まあ、おかげで明日の配達の準備や、伝票書きなどの雑務がはかどった。一方で奥さんはというと、今週ついに来松するハンバート御一行を迎える為の大掃除を朝からずーっと、たまに娘にも手伝わせながらやっている。,年末の大掃除だってここまでやってないだろう。
気になるチケットの方も後残り僅かになってきてやっと一安心。後は当日、皆が楽しんでくれたら何も言う事はない。

自分としては又一緒に酒が飲めるのが一番の楽しみなのだ、へへっ

矢部さん.jpg
左 「本屋さんに行きたい」アスペクト ¥1680
右 「東京公園散歩」ブル−スインタ−アクションズ ¥1995

今日は勿論この本。アルトスが載ってなくてもきっと紹介してたはず。たくさんの人が手に取ってくれることを願って。
隣も同じく矢部さんの好著。久しぶりにキャッチボールがしたくなる感じ。

posted by artos Book Store 店長 at 20:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

ゆき

大晦日から4日までいつもより長めの休みが明け、今年もまた商いの日々が始まる。とは言ってもまだ暫らくは本の入荷量は控えめだし、世間は三連休中だし、その上外を眺めると雪が積もってるし、でまだちょっとエンジンはかからない感じ。それでも今年もやりたい事、やらなきゃいけない事は色々有って、それらをどう実現させるかをまだ少し寝てる頭で考えてる。その中には勿論ハンバートのライブとかも含まれていて・・・まあギュッギュッと色々と濃い一年になりますようにってとこか。

世界の名建築.jpg
「死ぬまでに見たい世界の名建築」エクスナレッジ ¥7980

世界を巡り巡っても中々全部は・・・好きな時に自分の家でゆっくりと眺めて下さい。現代建築の割合も多く少し旅気分も味わえるような一冊。
posted by artos Book Store 店長 at 20:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。